Kaori Millinery

| BOOTH 65 PROJECT TOKYO 2022 March

HIGHLIGHTS

Kaori Millineryは、イギリスで修行を積んだデザイナーが2014年よりビスポークでの帽子・ヘッドアクセサリーの受注・制作をメインに展開しているヘッドウェアブランドです。

ビスポークにおけるカウンセリングを通して、お客様お一人お一人の、お顔や体格とのバランス、ファッション及びライフスタイル、お悩みやTPOに向き合い、イギリス仕込みの高いデザイン力を以ってヘッドウェアを提供してきました。その技術力と被り心地には定評があり、リピーターは年間オーダー数の7割にも登ります。

BtoCでの年間のべ100〜150名のお客様と向き合った経験と知識を活かし、2021年よりBtoBでのReady-to-wear及び店舗様向けビスポークサービスをスタートさせました。

そしてこのBtoBサービスの入口となり、ブランドのクオリティやスタンス・アティチュードを表現するものとしてコレクションを発表しています。

2022-23AWコレクションのテーマは「感覚や記憶の頼りなさ」。
夏目漱石の小説『夢十夜 〜第一夜〜』よりインスパイアされた、眠っている時に見る夢特有の靄がかかったような曖昧な感覚を、ヘッドウェアとそこから派生するアイテムで表現しています。

FEATURE

  • NEW BRAND
  • NEW IN JAPAN
  • RUNWAY
  • ARTISAN
  • OEM/ ODM
  • POP UP
  • LEASING
 
 

page top